あってよかった! 妊娠したら買いたいアイテム3選

2016/03/08 20:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

妊娠中期にもなれば、そろそろ出産や育児のための道具を購入してもよい時期です。市販の商品の中でどのようなアイテムを買っておいたらよいのでしょうか?

買っておくと便利なグッズを3つご紹介します。安定期に入ったらそろそろ買い物に出てみましょう。

 

あれば安心、搾乳器

搾乳器とは母乳がたくさん出すぎた場合に、機械で母乳を搾るもの。絞った母乳は冷凍してストックしておくこともできるのです。
出産直後は赤ちゃんもまだうまく吸えないため、おっぱいの中に母乳があまり風船のように張ってきます。手で搾る方法もありますが、パンパンに張ると痛みも伴うため、搾乳器があったほうが便利ですよ。

 

この状態で放っておくと、痛みが増してきますし、さらに悪化すると乳腺炎になることもあるようです。それを防ぐためにも、こまめに搾乳することが重要。ただ、搾乳機は手で搾乳するのと違い力加減の調節ができないため、なかには痛みを感じる人もいます。使ってみて合わなければ中止しましょう。

 

賛否両論あるけど… 便利なおしゃぶり

おしゃぶりは「歯並びが悪くなる」、「衛生面が心配」などの声もあるようですが、「用意しておいてよかった」と感じるママも多くいるのです。おしゃぶりのメリットはぐずる赤ちゃんがおとなしくしてくれるため、ママが精神的に楽に過ごせること。
 

"指しゃぶり"と比べるとおしゃぶりのほうが見た目が良い、逆にアゴが鍛えられて歯並びが良くなるなどの意見もあるようです。

賛否両論のおしゃぶりではありますが、ギャン泣きでどうにもできない赤ちゃんの精神安定剤のかわりになってくれれば、ママもすごく助かると感じる方も多いようです。歯並びが気になる…というママは歯が生えそろう頃まで、使ってみてはいかがでしょうか。

 

ママになった直後、必要に? 生理用ナプキン

妊娠しているとついつい忘れがちですが、産後は必要となるのがナプキンです。入院セットにある程度の道具は入っていますが、その後も1ヶ月くらい出血が続く人もいるそう。
 

産後すぐにはなかなか外出もできません。パパに頼むのも…やっぱり抵抗があるアイテムでもありますよね。出産が近づいたら1ヶ月分くらいは用意しておきたいものです。人にもよりますが、一般的に夜用は出産直後に少量、後は普通用や軽い日用でも問題ないようです。量が少ない人は1ヶ月くらいでおさまる人もいるのですが、3ヶ月くらいかかる人もいるようです。
 

これら3つのアイテムは、入院セットには含まれていなかったり足りないことも多いため、自分で別途買っておくことをおすすめします。搾乳器は一時的に使う物ですが、ないと困ると感じる人もいます。おしゃぶりや生理用ナプキンは、大きな出費にもならないため準備しておくとよいですよ。

 

(TEXT:津田 玲)


  • 5
  • 1
  • 0
  • 3

既にクリックしています。

  • うまく吸えない赤ちゃんこそ直接飲む練習をしないと、いつまでたってもうまく吸えません。搾乳した母乳を哺乳瓶であげることで哺乳瓶が好きになっておっぱいをいやがる子もいます。搾乳すると母乳ホルモンが出て、どんどん搾乳するとどんどん余るようになります。どうしても直接飲ませられない場合のみ使用した方がいいと思います。
    子どもが泣いたらまずはおっぱいをあげると落ち着くので、おしゃぶりも、どうしてものときにした方がいいと思います。
    妊娠したらすぐ購入すべき物としては、疑問??です。

    2016/11/12 18:20

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。