妊娠中のストレスを和らげよう! お家でできるリラックス法

2016/03/10 07:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

妊娠中のストレスは母子に影響を与えてしまうともいわれています。ママの精神的な疲れは赤ちゃんにも伝わりやすいので、うまく解消してみましょう。

妊娠中だとあれもこれもできない…と考えがち。でも、妊婦さんに最適なリラックス法はたくさんあるのです。

 

眠る前のちょこっと時間に深呼吸

呼吸法はもっとも手軽なリラックス法なのに、心を落ち着かせる効果は抜群。ストレスを感じているときには、自律神経の"交感神経"が働きやすいのですが、ゆっくりと呼吸をするだけでリラックスを感じるときに働く、"副交感神経"を刺激することができます。

 

1日1回はリラックスタイムをもうけてください。もちろん夜に眠る前の数分でOK! 部屋の電気を消し、ベッドの上で背筋をピンと伸ばしてあぐらをかきます。目をつぶってゆっくりと深呼吸してみてください。息を吐くことに集中すると副交感神経が働きやすく、よりリラックスできますよ。

 

体を温める方法を利用してリラックス

冷えは妊婦さんの大敵。体が冷えているなら直接温める方法が良い、という意見もあります。体が温まる程度に半身浴で入浴を楽しんでみるのも良いかもしれません。
もちろん、入浴中は汗をたくさんかいて水分を失うため、こまめに水分補給を行うことは重要です。

 

ペットボトルに水を入れて持ち込むと、長い時間でも快適に過ごすことができますよ。じんわりと身体があたたまって、心がほぐれていきます。

お風呂場に暖房機能がついている家庭は、あらかじめ暖房をつけておきましょう。冬場の浴室は特に冷え切って寒いので、暖房をつけておくと心地よく入浴できますよ。

 

涙活で手軽にリラックス

安定期に入ればつわりもおさまる方が多いので、ショッピングなどお出かけを楽しめますが、妊娠初期は…体調不良やつわりでお出かけどころではありませんよね。でも、お家にいてばかりではストレス発散は溜まる一方…。イライラしていてはリラックス気分にもなりませんよね。

 

そんなときは、"泣いて"ストレスを解消しましょう。

近年 "涙を流したあとは血中のストレスホルモンが減少する"との研究結果も発表されました。確かに、涙を流したあとは心がスッキリ。心もなんだか穏やかになりますよね。お家で泣ける映画やドラマを見て涙を流す…。子どものために買った絵本で涙を流す…。自分が好きな小説や本を見て涙を流す…。自分の好きな方法で試してみてはいかがでしょう。
 

妊娠中のストレスはママにも赤ちゃんにも影響が出る可能性がありますから、できるだけ発散させるようにしてみてください。自分なりのリラックス法を見つけて、うまく心を穏やかにしてみましょう。心が穏やかになると、今以上に妊娠の幸せを実感できるようにもなりますよ。

 

(TEXT:田中 リリー)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。