妊娠後、友人に会うとき注意すべき話は?

2016/03/10 08:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

妊娠した女性のなかには、友人との付き合い方について悩む方もいるそうです。友人によっては妊娠や出産が未経験の人、結婚していても子どもがいない人もいますよね。

でも…妊娠中でも友人と話したり楽しい時間を過ごしたいもの。妊娠後に友人に会うときの話の選び方や注意したいことにはどのようなものがあるでしょう? 

 

独身の友人との付き合い方とは?

独身の友人とは少しずつ考え方も変わってくることがあります。独身の友人と会う場合は、相手の休日に合わせてお会いしたいもの。でも、自分の体調も考えなければならないため、当日 具合が悪くなればキャンセルすることがあることも伝えておきましょう。できれば体調不良になりやすい妊娠初期の時期ではなく、安定期に入ってからがおすすめです。


独身の方とお会いするときに注意すべき話は、幸せムードの出しすぎや結婚の話。

幸せいっぱいの妊娠中ですから、幸せ話をしたい気持ちもあるかもしれません。でも…友人はその話を聞いて本当に楽しいのでしょうか。「付き合いが長いから友人の結婚観はわかってる」とは思っていても、相手の本心は…わかりません。友人が「結婚はしないつもり」とは言っていても、本心は「いい相手がいたらしたいとは思ってる…」かもしれませんよね。結婚の良さを押し付け気味に語ったり、幸せムードをアピールするのは慎むほうが良いかもしれません。

 

既婚者だけど子どもがいない友人の場合

既婚者で子どもがいない友人の場合は、妊娠中に会うべきかについて注意したほうが良いかもしれません。もしかしたら相手は子どもを望んでいるのに、不妊症で悩んでいる可能性もあるのです。不妊症に限らず過去に流産や中絶など心に傷が残ってしまう思い出があるかもしれません。デリケートな話は、友人でも話しづらいものです。表向きは「子どもは要らない、作らない」と言っていても、本音は欲しいのかもしれません。


そのような事情を考慮せず、自分だけ妊娠に浮かれて会えば、相手を不快な気分にさせてしまうかもしれません。子どもがいない友人は、相手からコンタクトを取ってきた場合なら問題がないといえます。相手が独身や既婚者で子どもがいない場合、相手の近況や思い出話、今 好きなこと楽しんでいることなど、相手の話を聞くスタンスに立って話をしてみましょう。気は遣うかもしれませんが、妊娠しても相手の心を考えられる妊婦さんでいたいものですね。

 

友人と遊びに行く場合は安定期から

友人に妊娠の報告をする場合、できれば安定期に入ってからがおすすめです。妊娠初期はつわりで体調が悪いこともありますし、万が一のことも考えられます。そのため、安定期に入ってからのほうが相手にも安心して報告することができます。

 

また、この時期ならまだおなかも目立たないので、友人と外でまったりランチやショッピングを楽しんだりもできますよ。ただ、風邪やインフルエンザの感染者が増える時期には、しっかりとマスクや防寒で対策を忘れずに。多くの人が集まりやすい場所も避けたほうが無難です。


また、仕事をしている友人の場合は夜しか時間が空いておらず、なかなか会うチャンスがないことも。その場合は、相手の次の日のことも考えて短時間で済ませましょう。既婚者の場合は相手の家庭に迷惑がかからない時間帯を考慮する…など、相手の生活の状況に合わせて気持ちよく会いたいものですね。

 

(TEXT:田中 リリー)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。