産まれたらできないかも… 妊娠中にしたい3つのこと!

2016/03/06 09:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

子供と一緒の生活、幸せいっぱいですが、できなくなってしまうことも意外にあります。妊婦さんのうちにやっておけばよかったと思っても、出産後に気づいたら手遅れ…といったこともあるのです。

妊娠中の今だからこそ、やっておきたいことを楽しんで、後悔することなく出産にのぞみましょう! 

 

妊娠中の今なら間に合う! 自分好みの映画を堪能しよう

出産後は恋愛映画など大人が好むような映画は、しばらくお預けになりがち。子どもと一緒にアニメや子ども向け映画に行く機会が増え、自分たちの趣味の映画鑑賞はなかなかできなくなります。

 

それに産後は赤ちゃんのミルクやおむつ替えのサイクルも早いため、外出自体が長時間しにくいと感じる方も多いようです。特に新生児の頃は、映画館のような強い光や大きな音の刺激に長時間触れさせるのは避けたほうがよいでしょう。
妊娠中の今だからこそできる映画鑑賞、夫婦でゆっくりと満喫してくださいね。

 

妊娠中でも楽しめるプチ旅行

妊娠中でも安定期に入れば、旅行もできるようになります。例えば温泉が好きなご主人と1泊の温泉旅行を楽しんだり、移動の負担が少ない近場でご当地グルメを堪能するプチ旅行などです。

 

温泉施設は乳児の場合、おむつがはずれていないと気になるので、なかなか行けない方が多いようです。トイレトレーニングを済ませてからのほうが行きやすくなるため、しばらくはお預けとなります。
妊娠中にレジャーを考えている方は体に無理のない計画を立てて、適度に休憩を挟んで楽しめる場所を選んでみましょう。

 

産後は子ども優先に。美容関連は妊娠中に済ませよう

虫歯の治療などは産後も行かなければいけないということもありますが、見た目をきれいにするための審美治療は利用しにくくなります。
例えばホワイトニングの治療、歯の矯正などです。矯正は時間や費用もかかるため、妊娠前に済ませておくほうがよいでしょう。

 

産後は育児に時間もお金も必要となるため、自分のことは後回しになりがち。
歯医者さんだけでなく、シミ取り、脱毛など美容に関連するものは産後は行きにくくなるため、妊娠前に済ませておくことをおすすめします。

 

今回 ご紹介したことは、妊娠中に楽しんでみたいことだけでなく、妊娠前にやっておきたいことなども含まれています。例えば美容に関することでも脱毛、歯の矯正、シミ取りレーザーなどは、妊婦さんは利用できないこともありますので、注意してください。妊娠中でも楽しめることもたくさんありますから、今のうちにできることは挑戦してみましょう。妊娠中の今だからこそできる自分のためのケアをおこなってみましょう。

 

(TEXT:田中 リリー)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。