赤ちゃんがスプーンを上手に使えるようになるステップアップ法

2017/03/18 19:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
マナー・しつけ

 

 

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。1歳前後になると、赤ちゃんはスプーンを持ちたがります。逆にスプーンを持ちたがらず、手づかみ食べばかりする子、興味を示さない子もいます。今日は「スプーンを使えるようになる方法」をお話ししますね。

 

スプーンを使うってムズカシイ?

ふだん、大人はかんたんにできていることですが、今まで経験したことのない赤ちゃんにとってスプーンを使うことは、とっても難しいことなんです。赤ちゃんは練習して、少しずつ上手になります。最初はできなくて当たり前だと思って見守りましょう。

 

グーで握っているけど、持ち替えさせた方がいい?

赤ちゃん、最初はスプーンを上から「グー」で握って使います。最初はそれで大丈夫です。手の発達がまだ未熟なので、大人のように持つことはできません。2~3歳になり、お箸を使い始めたら、じょじょに持ち方を変えていきましょう。

 

うちの子、スプーンを持ちたがるんです!

ママの持っているスプーンを持ちたがり、食がなかなか進まないことがあります。こんなときは赤ちゃんにもスプーンを持たせてあげましょう。「まだ、スプーンを使って食べることができないから」ではなく、「スプーンを持つことで離乳食を意欲的に食べようとしている」ということに重点を置くといいですね。

 


ママが赤ちゃんにしてあげたい4つのこと

1.少々手間でも、スプーンを持たせる

2.最初はママが手を添えて、食べ物をすくって口の中に入れる

3.赤ちゃんが使いやすい食器とスプーンを用意してあげる

4.赤ちゃんが離乳食を食べる器と、ママが与える器を分ける

 

スプーンに興味のない子はどうしたらいいの?

スプーンを持つことに興味がない子もいます。ママに食べさせてもらいたい。手づかみ食べの方が好き。などの理由があるかもしれませんね。そんな場合は、あせらず赤ちゃんのペースに合わせて進めていきましょう。少しずつスプーンを持つ時間を増やしたり、手づかみとスプーンが混同していてもOKです。

 

スプーンをなかなか使ってくれなくても大丈夫です。大切なのは赤ちゃんの食べる意欲を尊重してあげることです。「使えるようになるまで数カ月かかるかな?」くらいの長い目で、取り組むといいと思いますよ。

 

 

スプーンを持たせてもらった赤ちゃんは、うれしくて机や器をスプーンでたたいたり、器の中にスプーンを突っ込んでみたりして、研究をはじめると思います。そんな赤ちゃんの行動を見守ってあげましょう。毎食少しずつ練習することで、赤ちゃんはスプーンで食べる能力を獲得します。すぐにできる子もいれば、ゆっくりの子もいます。あせらず進めてあげましょう。

 


著者:離乳食インストラクター協会代表理事 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

 


  • 0
  • 1
  • 6
  • 0

既にクリックしています。

  • スプーンって意外に難しいですよね。。。このステップを参考に進めていこう!ストローバージョンもあるのかな?

    2016/01/20 09:23

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。