おしゃれママは必読!マタニティウェディングのドレス選び

2016/03/19 07:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

女性の憧れ、ウェディングドレス。妊娠中の結婚式でも素敵なドレスをあきらめたくない!という気持ちはありますよね。

ここでは、妊娠中の結婚式やフォトウェディングを予定している方のために、マタニティウェディングドレスの選び方をご紹介します。

 

ドレスのサイズ選び、ポイントはカップサイズ重視!

妊婦さんはお腹の赤ちゃんが成長するにしたがって脂肪がついてきますし、バストも大きくなっていきます。そのため、ドレスを選ぶ時にはできるだけカップの大きいものを選ぶことが大切です。結婚式当日までに日数が迫っている場合以外は、試着したときに「カパカパする」と感じるくらいでも大丈夫ですよ。

 

どのタイミングで着用するかにもよりますが、1~3ヶ月後に挙式、もしくは写真を撮るというケースだと、1~2カップくらいバストのサイズはアップすることが多いです。試着時にピッタリのサイズを選んでしまうと、いざ本番でピチピチになってしまうこともありますから注意しましょう。もし大きすぎても、パッドで調節できるので大丈夫です! 

 

憧れのウェディングドレスをオシャレに着こなそう!

妊娠しているときは、大きなお腹を支えているので疲れやすいですよね。結婚式当日にはさらに週数も進みお腹も大きくなります。マタニティ用のウェディングドレスを選ぶときは、なるべく軽くて動きやすいタイプを選ぶとよいでしょう。

挙式当日は同じドレスで数時間式場にいなくてはいけませんし、フォトウェディングや身内だけでのパーティーなどをする場合でも、重くて動きにくいドレスだとすぐに疲れてしまいます。なるべく機動性に優れた軽い素材のドレスを選びましょう。
 

また、体への締めつけ感があると、長時間着用する場合には体への負担も大きくなります。お腹周りを重視するとデザインが心配かもしれませんが、ふわっとしたAラインやプリンセスラインのドレスでしたら、妊婦さんでも素敵に着こなせるのでおすすめです。

 

スカートの丈、大丈夫?!

ドレスのスカートの丈にも注意が必要です。お腹が大きくなると、ドレスを着たときにスカートがお腹につられて上に持ち上がってしまい、スカート丈が短くなります。試着時にピッタリの長さをチョイスしてしまうと、実際に着用したときには丈が中途半端な着こなしになってしまうでしょう。

 

対策としては、なるべくスカート丈が長いものを選ぶということ、そしてスカートの丈を直すことができるかどうかを確認しておくことも大切です。お直しをしてくれるお店もありますが、料金はお店によって違いますので忘れずに確認しましょうね。

 

また、軽くて動きやすい素材、デザインを選ぶのも大切なことです。結婚式当日までのお腹の大きさ・バストのサイズアップは考慮しておきましょうね。分からないことがあれば、ショップのスタイリストさんに相談してみましょう。
夫婦とお腹の赤ちゃん3人での幸せな結婚式、無理しすぎずに納得いくまでいろいろなドレスを試着してくださいね!

 

(TEXT:田中 リリー)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。