すべてのママに読んで欲しい!赤ちゃんの下痢の原因と対策

2016/03/20 09:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

赤ちゃんの下痢に悩むママは多いでしょう。不調を訴えられない赤ちゃんのことだから心配になるのも当然です。

下痢の症状や原因を知って適切に判断できるようになると良いですね。もちろん、自分で判断するのが難しいときは、写真を撮ってお医者さんに聞いてみるのも良いかもしれません。

 

赤ちゃんの便はとっても柔らかい!

まず、覚えておきたいのは赤ちゃんの便は大人の便よりもずっと柔らかいということです。これは赤ちゃんの腸がまだしっかりとした機能を備えていないからといわれています。見慣れていないと、赤ちゃんにとっての健康的な便を「下痢」と勘違いしてしまうこともあるかもしれません。

 

特に母乳を赤ちゃんに与えている場合は、柔らかくなりやすいともいわれているようです。最初のうちは先輩ママさんに質問したりして「普通の便」の程度をしっかりと把握するようにしましょう。ただ、どうしても気になるのであれば、先に病院に行って不安を解消するのもひとつです。ママさんが安心して子育てできるのが一番です。

 

下痢は水分量と便の回数でチェック!

赤ちゃんが下痢になっているかどうかは、水分量と便の回数で見分けられることが多いようです。まず水分量ですが、下痢の場合は明らかにシャバシャバで便の形がなく、ひどい場合はおむつから漏れでてしまうようなこともあります。このような場合は、たとえ1回の便であっても、下痢と判断して病院に連れていくことをおすすめします。

 

次に回数ですが、下痢になると通常の時の倍くらい便をするようになります。いつもが1日5回程度なら10回前後、3回程度なら6回前後などです。数えていなくてもおむつを替える回数が明らかに増えるので、気付きやすいはずです。こういった場合も出来るだけ早めに病院に連れていきましょう。

 

下痢の原因として考えられるもの

下痢の原因として一般的なのはアレルギー、細菌や各種ウイルスの感染といわれています。アレルギーの原因として、乳製品の糖分が起因となることがあるようです。ミルクなどに含まれている糖分を消化できなくなることで起こりますが、一時的なものなので、適切な処置をすれば改善することがほとんどといわれています。

 

細菌感染やウイルス感染では、食中毒やノロウイルス、ロタウイルスへの感染が考えられます。どのような理由にせよ、下痢をすると脱水症状が怖いので、すぐにでも病院での診断を受けてください。

 

赤ちゃんが下痢かどうかを判断するには「普段と比べてどうか」という部分をしっかり見てあげましょう。正確な原因は病院で診てもらわなければ分からないので、もしウイルスなどが原因だった場合は二次感染を防ぐために清潔にしてあげることも忘れないでくださいね。

 

(TEXT:田中 リリー)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。