0歳からの飛行機。いつから乗れる?いったいいくら?

2015/09/12 10:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

まだ首も腰も据わっていない赤ちゃんを連れての遠出は非常に神経を使います。しかし、どうしても里帰りなどで遠出をしなければならない、飛行機の方が交通の便が楽となった時、どれくらいから飛行機は乗ることができるのでしょうか?

 

飛行機は生後8日を過ぎれば乗ることができる

生後8日以降を過ぎた乳幼児であればほとんどの航空会社を利用することができます。事前に航空会社に確認をしてみましょう。

 

座席料金はかかる?

航空会社や、同じ航空会社でも国内線か国際線かによって変わってきます。膝に乗せて座席を1名分使わないのであれば無料の航空会社もあれば、1名分を使わなくても10%程度の料金がかかる航空会社もあります。

 

ずっと抱っこしているのが辛いママのために、ベビーベッドが用意されている航空会社も多くあります(飛行機の大きさによって、同じ航空会社でもベビーベッドがある便とない便があります)。まだ0歳ではひとりで座らせることはかなり難しいですが、座席を1名分使う際は、チャイルドシートを借りることができる航空会社も多いです(要予約)。

 

そのほかのサービス

手荷物の他に無料でベビーカーを預けることが可能です。空港内では貸し出し用ベビーカーを使うことができます。そのほか、おもちゃ、おむつ、国際線の場合はベビーミールが用意されていることもあります(いづれも航空会社によっては事前予約が必要な場合あり)。

 

サービスがあるからと言って安心せず、飛行機の中でできるだけぐずられないために、赤ちゃんがいつも使っているもの、好きなものを用意して、万が一の時のために飛行機のサービスは使うようにしたいですね。

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。