重度妊娠粗悪で堕胎してしまいました

2016/03/21 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

赤ちゃんができたと喜んだ後、すぐに来るのがつわり。つわりが来ない人もいますが、重度のつわりで苦しみ人もいます。今日は「重度妊娠粗悪」についてお伝えします。

 

 

Q. つわりがひどすぎて

初めてご相談させていただきます。 
現在32才主婦で、妊娠したものの、重度妊娠粗悪となりやむなく堕胎しました。 
本当に辛く、もう二度と妊娠したくないと考えてしまいます。 周りにこんなにつわりで苦しんでいる人がいないため、誰にも苦しみを分かってもらえません。 
つわりなんて時期がくれば治るでしょ。。など精神的にもとても辛かったです。 
私はかなり痩せ型で、身長153cm,体重36kgなのですが、昔から痩せ型で太ることができません。 
初潮も16才と遅く、つわりと体重、初潮の年齢等は関係有るのでしょうか。 
この先子供を欲しいと思っても、恐怖心がありなかなか前へ進めません。 

 

つわりは体質なのでしょうか。体重を上げてしっかりとした体を作らないかぎり無理なのでしょうか。 とてもつらく悩んでおります。 
先生からの専門的なアドバイスが頂ければと思いご質問させていただきました。 
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

A.マルチビタミンの内服をおすすめします。

妊娠悪阻について大変つらかったと思います。一般的にまだ悪阻のメカニズムははっきりしていません。悪阻はBMIや初潮年齢と関連していると記載されている論文はありません。

 

今後妊娠を考えるうえで受精前からの妊婦用マルチビタミンを内服していると軽減する可能性があります。また、海外ではビタミンB6の内服で収まらないようであれば制吐剤の使用も考慮します。ただし日本では薬剤によっては妊娠中禁忌という薬剤もあるので相談のうえ使用となります。

(回答/天神先生)

 

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

今すぐ使えるQ&Aが見たい人はこちらへ

先生に聞いてみよう!Q&Aの投稿はこちらへ

 

 


  • 1
  • 4
  • 3
  • 11

既にクリックしています。

  • 私は今まさに重症妊娠悪阻で入院し半月が経とうとしています。
    水分も口からはとれず点滴で生きながらえ、胃液をもどす日々。
    必ず終わりは来るからという言葉を信じ、耐える日々ですが、毎日が生き地獄です。
    2度流産しやっと心拍確認まで辿り着いて喜んでいたのに、今では正直この日々を終わりにしたい。もう怖くて二度と妊娠はしたくないと思ってしまいます。出産経験のない担当医は日々「今日も何も口にしてないかな」と軽く聞いてくるのも腹が立ち、経験者である看護士が「今は何か口にするときじゃないから。点滴してるから大丈夫。焦らないで今はゆっくり休む時よ」と励ましてくれるのが救いです。つわりとは全く異なる重症妊娠悪阻の辛さは経験した人にしか分からない苦しみです。私もこれ以上悪化すれば諦めなくてはいけません。姑はつわりで入院だなんてと白い目。
    もっと世の中につわりは勿論、重症妊娠悪阻についても知ってもらい、どれだけ大変なことなのか広めて、妊婦を労る気持ちを持って欲しいです。

    看護士さんの話や友人、私をみてもつわりが重くなるのは、筋力がない人が多いようです。
    私も妊娠を意識して始めた頃に鍛えてきていたのですが、元々筋力がつきにくい体質のため、なかなかうまくいきませんでした。
    陸上やバレーボールなど学生時代から運動系をずっと続けてきた友人はみんなつわりすら感じていませんでした。出産するにあたってもそうですが、つわりなども何かしら関係があるのではないかなと思います。

    2016/10/09 18:31
  • わたしは、二人の子供がいます。
    二人とも、つわりがひどく、妊娠初期は、1日リンゴ四分の1と、苦い烏龍茶、のみ、1週間に一度、点滴をしに病院へいきました。もちろん、たべたあとは、胃液まで、吐いてたいへんでした。二ヶ月で、10kgやせました。20年以上まえのことですがー、
    子供達は、病気もせず大きく成長しましたよ。本当に大変でしょうが、がんばってください。

    2016/10/15 01:32
  • 私も、約20年まえになりますが、悪阻は、ひどいものです。2人産みましたがそれぞれに大変で、寝込んだり、周りに迷惑もかける上に、沢山助けてもらいたいのに実家は、とても遠いので、助けてもらおうという気持ちも起こりませんでした。
    1人目、2人目どちらもひどくて、トイレに入ることが多く、イオン飲料なら、甘さが胃に残って入るから、吐いてもひどく辛くないので、吐いた時用に、それを少しずつ飲んでは、吐いてました。点滴も何回かひっかかり、うけていました。
    その代わりに、早めに里帰り出産を予定し、2ヶ月ほどお願いして、何とか過ごしました。
    3人目は、主人も私があまりにも辛そうだったので、いらない。と、言ってくれたのを嬉しく思っています。
    悪阻が酷い人もいるし、お姑さんが、同じ女なのにそういうことがあるのをしっているなら、そのような態度は、やめてほしいとおもいます。
    人それぞれをこういう時に当てはめて孫のためにもおおらかな気持ちでいて欲しいな。と、思います。

    2016/10/24 11:53
  • 現在3人目妊娠、8ヶ月半になります。
    前2人とも悪阻はヒドく、点滴で手が腫れ、それでも嘔吐が止まるわけでもなく、意味がないのでは?と思う日々。産まれる2日前まで悪阻は続きました。2度と悪阻は経験したくないと思いながらも2人目。1人目に比べればマシだったけど前期、後期に分け嘔吐の日々…そして、3人目の今も苦しんでます。テニスを続けていたけど悪阻はヒドいですよ。個人的に周囲の人、友人をみても運動系でも苦しんでる人多いから関係ない気もしします。2度と子供いらないと思いつつも、産まれると愛おしく悪阻の苦しみを忘れてします。悪阻がヒドい人の気持ちはわかってもらえないのがほとんどです。旦那ですら理解してもらえなかったし…ホント辛い毎日かもしれないけど、産まれてくる赤ちゃんに会えた時、頑張って良かったと思えるはずです。

    2016/11/08 04:02
  • 私も148センチの38キロです。四年前に出産しましたが、分娩台の上でも吐いていました。
    そして現在も妊婦。20代なので体力はあるはずですが、つわりで体重が減り明らかに免疫も落ちました。点滴も受けましたが、点滴(吐き気止め入り)で悪化して吐きました。
    私はビタミンB6をたくさん取って、マックのテリヤキならどうにか食べれたのでそれだけ食べていました。今日から安定期ですが、水飲んでも吐く時期は乗り越えました。
    つわりが酷いと強いモチベーションが必要かもしれません。私の場合はもう一人子どもが欲しくて、それでも不育症を抱えていて流産を繰り返し育ってくれるなら何が何でも乗り切る!と決めていました。
    ちなみに、今年4回目の妊娠です。妊娠してるか流産してるかだったので今年ほぼずっとつわりでした。吐かずに食べまくる時もあったので、確かに体質はありそうですが必ずしも毎回吐きまくるってわけでもないです。
    私は身内に医者や保育士がいて、母も祖母も酷いつわりを抱えていたようなのでつわりに対する理解があり救われました。理解のない雑音はシャットアウトです。

    2016/11/18 17:48
  • 昨年4人目を出産しました。1人目からつわり10キロ~15キロ減り、もともと大柄でポッチャリ気味だったので、減った分でちょうど良いと医師からは言われていました^^;
    水ものどが受けつず、ただ、胃液を吐くのはつらい胃のモヤモヤが収まらないので、とりあえず食べて吐けば少しの間はスッキリするため、吐きやすい食べ物を選んでいました(笑)
    納豆とか魚とかは最悪でした(T_T)
    つわりがきつくて、トイレと仲良くしてると子どもたちが後ろで水を持って待っててくれるのがお決まりで・・・頑張ろう!って、思えましたね(っ´ω`c)
    義理母には、自分の娘のが辛かったわとか、かわいそうにね。とか言われ、話したくない気持ちにしかなりませんでした。
    理解を求めるほうが無理なんだと期待はやめたのを覚えています。
    辛いつわりですが、産まれてくる可愛さを知ってしまうとダメですね!
    ホントに今だけだから!、乗り切るしか無いのです(^^;)

    2016/11/24 01:15
  • 最近、9年ぶりに3人目を出産しました39歳です。一人産むたびに悪阻はひどく、上は女の子二人だけど次女の時だけ悪阻はひどく、今回は男の子で、3人目はすぐ産まれるって言うけど微弱陣痛で3日かかり…悪阻は産むまであったけど産後痛はなかったり…妊娠と出産は人それぞれ、毎回予想もできません。だから他人にはわかってもらえないことも多いんです!そう割りきって、頑張って育って産まれてくる赤ちゃんのためにもお母さんも頑張ってくださいね!3人目は望んでなかった私も今は赤ちゃんが日々かわいくなり癒されてる毎日です(^◇^)

    2016/11/26 23:32
  • 今年2人目を出産、1人目2人目ともに重症妊娠悪阻で入院しました。1人目の悪阻で妊娠中、私も何度も何度も心が折れそうになりました。病院のトイレとベットの往復。出て来るのは胃液のみ。一口何か口にしようものなら水でさえもすぐに嘔吐。何度トイレで泣いたことか。ベットで泣いたことか。点滴に朝から晩までつながれ、カレンダーをみて、時計を見て、あと何日になれば安定期に入る!そしたら楽になる!そう言い聞かせるものの進まない時計、穴が開くほど見つめたカレンダー、1日が地獄の様に長かったです。堕胎も考えました、旦那に泣いて産めない、ごめんなさい、明日先生に言う。そう毎日のように言っていました。でも結局言う勇気と手術受けるのも怖くて言えなかった。結果、安定期に入ったら悪阻はウソのようになくなりました。
    産まれてきたら、本当にかわいくて頑張って良かったって心から思いましたよ!!
    でも、あの悪阻の苦しみは一生忘れることが出来ないです。これは味わった人しかわかんないですよね。
    2人目を考えた時も、悪阻が怖い!これしか頭に浮かびませんでした。あの地獄の日々が昨日のように蘇るほどです。それでも兄弟を作ってあげたいと思い、妊娠しようと決心しました。(決心するのにもかなり時間がかかりました。いろんな人に相談したり、話を聞いてもらったりと数ヶ月かかりましたよ。。)
    そして2人目も思った通りの悪阻、2人目はまさかの産むまで吐いていました。これは予定外で、毎日吐いていたので産むまで辛くて泣いてましたね。でも、我が子の可愛さを知ってしまっているから頑張れました!もう産むしか選択肢がなかったですしね。
    頑張った先の我が子を抱いた時の感激と愛しさはかなりのものです!!
    頑張って良かった!そう思えます!
    あと1日、あと1日と思って行きましょう!

    2016/11/26 23:42
  • 今年の8月に一人目を出産しました。私も妊娠がわかって一週間もしないうちにつわりが始まりました。どこまで我慢したらいいかもわからずひたすらベッドとトイレを行き来する毎日。結局水を飲んでも吐く状態が続いて最後は吐血してしまって慌てて病院に電話しました。その日のうちに栄養失調と脱水症状で入院となりました。最初の病院に2ヶ月入院して、早めに里帰りをすることになったのですが、その後も帰った先の病院でまた栄養失調で入院。ひどい状態は6ヶ月くらいまで続きました。ただ、その後は唾液が飲み込めなくなるつばづわりが始まって産まれるまで朝は必ず吐いてました。体重も20キロ近く落ちて歯磨きするのさえたってられない状態。その後は血圧がどんどんあがって水分が体にたまって落ちた体重が一気に戻って膝や腰の痛みも出るようになってしまいました。そして最後は重度の妊娠中毒症になり緊急帝王切開となりました。ずっと苦しくて辛い日々でしたが無事に産まれてきてくれた我が子をみて救われました!
    つわりの辛さは本人にしかわからないので理解してもらえないかもしれませんが同じ経験をした人の話を聞くだけでだいぶ楽になります。私は母がそうでした(^_^;)

    2016/12/09 10:55

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。