仕事復帰のためにママが職場にしておくこと

2016/03/28 12:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

こんにちは、日本コミュニケーション育児協会の珠里です。いよいよ保育園の慣らし保育がスタートいたしますね!子育てしながらの仕事復帰は、職場の理解を得ながらスムーズにおこないたいものですよね。今回は仕事復帰に向けママが職場に対して、しておいた方がおススメなことをお伝えいたしますね。

 

自分がこなせる仕事量を把握しましょう

まずは仕事復帰した際に、こなせる仕事量を把握しておくことが大切です。例えば、出産前は残業もしていたママも、復帰後は保育園のお迎え時間の関係で、残業が難しくなり仕事量は変わってきますよね。その上で復帰する前に上司にご挨拶を兼ね、相談やお願いに伺うといいでしょう。

 

できること・できないことを伝える

そうはいっても、周りに迷惑をかけてしまいそうで伝えづらいものですよね。ですが、伝えないまま引き受け、時間内、期限内に終わらないなんてもってのほか!言いづらいことであっても、迷惑をかけないためにも「できること」「できないこと」は伝えるようにしましょう。事前にわかれば残業は可能なのか、出張も日帰りであれば可能なのかなど、家族と話し合い、無理のない範囲で決めておくといいですね。

 


 

 

 

意地は張らずに、協力をお願いする

いざ現場に復帰すると、周りが忙しく働いている姿に「わたしも!」と張り切りお仕事をされることと思います。ですが、体調がすぐれないときや思いのほか仕事量が多い時などは、意地を張らずに協力をお願いしましょう。そして、張り切りつつもバランスをとりながらお仕事できるといいですね。

 

子どもが成長したら100倍返しで♪

子育てをしながら働くということは、時には「迷惑をかけている」と心苦しく、恐縮してしまうこともあると思います。そんな時には「子どもが成長したら、いただいたご恩は必ず、100倍で返すぞ!」と、その都度心に誓い、子育てが落ち着いてきたならば、フルパワーで働いて、そのご恩を返していきましょう!

 

 

大丈夫。ママの「働きたい!」という気持ちや感謝の思いは必ず、周りに伝わります!!そして、ママの一生懸命な働く姿勢を見て、周りの人々はきっと応援してくれます♪

 


日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。