【妊娠・出産のQ&A】妊娠初期から、妊娠高血圧症候群の食事制限を始めています

2015/09/14 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

 

Q:妊娠初期から、妊娠高血圧症候群の食事制限を始めています

妊娠4ヶ月目、14週3日の初妊婦です。BMIが29あります。4週間前の健診で、尿たんぱく、高血圧を指摘され、妊娠高血圧症候群の恐れがあるとのことで、食事制限を設けられました。

 

体重は増えないようにキープできていますが、塩分の調節が難しく、たまに塩分を取りすぎるとむくみが出ます。カリウムを含む食材を取るように指示されていますが、野菜などさまざまな種類の食材を買っても、1日1,700キロカロリー制限のため、大量には食べられません。そのため、結構、食材を無駄にしています。カリウムなど、必要な栄養素をサプリメントで補給しても問題ないでしょうか?また、妊娠高血圧症候群の予兆が妊娠初期から出ている場合、きちんとした食事管理を行えば、症状は治まるのでしょうか?

 

 

A : 減塩がポイント!カロリーの低いもの食べある程度満腹感のある食事を

妊娠中に体重が増加するのは当然です。したがって、一般用のBMIでは肥満傾向の評価はできません。体重増加については、BMIからご自分の標準体重を割り出し、その数値から分娩まで7~8kgの増加を目安にします。増えすぎたとしても10kgまでの増加を目安にします。
 

妊娠初期から尿たんぱく、高血圧が見られる場合は、妊娠高血圧症候群が出現する可能性が高いため、予防には食事管理が不可欠です。高血圧の予防には、ナトリウムとカリウムのバランスが重要ですので、ナトリウムが過剰でカリウムが少ないと、高血圧を招く結果となります。したがって、この場合に求められる対策は「減塩」です。減塩対策では、まず佃煮、漬物などの塩分の多い加工品を避けること。また、食品の持ち味を生かし、酢やこんぶ、かつおぶしのうま味を利用して調理することも大切です。


サプリメントで不足しがちな成分を単発的に補うより、野菜や果物などさまざまな食材を幅広く食べる方が、バランスよく栄養素を摂取できると思います。また体重コントロールのために食事量を制限するより、カロリーの低い食材を選び、ある程度満腹感のある食事を続けた方がいいでしょう。適度な運動で、カロリー消費を心がけることも必要です。食材が腐ってしまうことを心配されているようですが、下ごしらえをして冷凍するなど、食材の無駄が出ないようにうまく工夫をされるといいと思います。(回答/天神尚子先生)

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞

きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ

Q&Aの投稿はこちらへ

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。