出産のための、OKエクササイズとNGエクササイズ

2016/05/04 08:00
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:

 

出産前は少しでも安産になるように、エクササイズをする方も多いのではないでしょうか?でも、やりすぎでおなかの赤ちゃんに異変が起きたら大変!進んでおこないたいエクササイズと、NGなエクササイズの違いを知っておきましょう。

 

妊娠中のエクササイズは大丈夫?

妊娠中に運動をすると、「おなかが張るから心配」というママもいますよね。妊娠後期はおなかが張りやすい時期ではありますが、運動により強い子宮の収縮を伴わなければ、運動ができる日もあります。運動をしても良いかは担当医師の診察を受けて、異常が無いかチェックしてもらってからのほうが安心です。

 

妊娠中の運動はママにとってもリラックス効果がありますし、出産に向けての体力をつける意味もあります。運動を始める前には、出産を希望する病院で妊婦さん用の運動プログラムがないかを確認してみるのもいいですね。

 

妊娠中でもOKな運動の種類

妊娠中の運動として取り入れることが多いのが、ヨガやストレッチなどリラックス効果の高いものです。ヨガはおなかへの負担がかかりにくい、マタニティ専用プログラムを利用したほうが良いでしょう。
産院によっても異なりますが、マタニティヨガは安定期頃から参加できるところが多くなっています。出産直前まで続けることができますから、無理のない程度に参加してみるのもおすすめ。ヨガなら座りながらできる動きが多いので、運動が苦手なママでもリラックスしながらおこなえますよ。

 

また、ゆっくりと歩くウォーキングは自分のペースで運動が取り入れられます。お買い物のついでに少し遠回りしてみるなど、気軽に実践している妊婦さんも多いようです。晴れた日の公園で、深呼吸をしながらウォーキングすれば、気分もスッキリしそうですね。

 

妊娠中はNGな運動の種類

妊娠中にやってはいけない運動は、激しいものやおなかに負担がかかるもの、転倒の恐れのあるものです。サイクリングやジョギングなどを健康のために続けている女性も多いと思いますが、やはりこれらは転倒や振動の危険性が。妊婦さんが1人で安全にできる運動は、「妊娠12週以降であること」「早産や流産のリスクがないもの」が前提です。妊娠に問題が無く、医師の許可が得られる場合のみ、取り組むようにしましょう。

 

妊娠前から本格的なスポーツをしていた方も、妊娠中は競技性のあるものは避けましょう。普段からやっていた軽い運動でも、おなかの張り具合を見ながら強度を調節する必要があります。ジャンプしたり勢いよく走ったりと、息が切れるような運動は厳禁です。

 

妊娠中の運動は太りすぎを予防したり、出産に向けて体力をつけたり、心をリラックスさせることにも繋がるのでおすすめ。ただ、NGな運動もありますので、妊娠中でもできる運動を無理のない範囲で取り組むことが大切です。どんなときだって、おなかの子を守るのがママの役目。医師に相談しながら無理はせずにエクササイズを楽しみましょう!

(TEXT:佐藤 真由美)

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。