多くの妊婦さんが抱える悩み、どんなものがある?

2016/04/23 09:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

幸せいっぱいなイメージの妊婦さん。でも、実際にはいろいろな悩みで、頭を抱えている方も多いようです。妊娠中に感じやすい悩みの種類と、その対策方法を知っておけば安心しますよね。これから妊娠予定の方や、妊娠初期でまだそこまで悩みはないかな?という方もチェックしてみましょう。

 

妊娠初期に感じやすい悩み

妊娠初期には妊娠が判明して幸せな反面、初めてのことだらけで不安を抱えているママも多いようです。妊娠すると体温が高くなり、ホルモンも変化して眠気が強くなったり、体がだるくなったりする方が増えてきます。さらにつわりも始まり、症状が重い方は何も食べられないということも。

 

ほかには、まだ胎児の状態が安定していないことから、「流産のリスクがあるのではないか」と不安を抱えるママもいるようです。体調が悪ければ無理せずに休む習慣をつけること、不安なことは産婦人科の医師や助産師に相談するなど、自分の気持ちを軽くすることを心掛けます。妊娠初期の流産のリスクは、ほとんどが胎児の先天性異常が原因のことが多いため、健康な女性でもありえることを覚えておきましょう。ママが悪いわけでも、赤ちゃんが悪いわけでもないのです。

 

妊娠中期に感じやすい悩み

妊娠中期になると安定期に入るため、一見悩みはないように思われますが、1つ解消すればまた1つといったように、妊娠中は次々と悩みが出てくるもの。中期にはお腹も少しふっくらとしてきて腰痛を感じたり、肌荒れに悩まされたりするママもいるようです。つわりがおさまり、急に食欲が出てきて、体重増加と向き合わなければならないママも。ホルモンの変化から足のむくみを感じる方や、子宮が大きくなり、便秘や頻尿を感じる方も増えてきます。

 

このような症状を感じたら、腰痛対策に腹帯をして支えたり、肌荒れ対策に敏感肌用のスキンケアに替えるなど、その時の状態に合わせた対策をしましょう。体重管理は、毎日体重計を測って早めに対処することで解消しやすくなります。この頃から少しずつ運動を取り入れると、体重管理や便秘対策にも繋がりますよ。

 


 

 

 

 

妊娠後期に感じやすい悩み

妊娠後期は出産への不安が出てくる頃といえます。赤ちゃんが早く下りすぎて絶対安静が必要になる方や、高血圧や妊娠糖尿病で出産をスムーズにできるか不安を抱える方もいます。陣痛の痛みに不安を感じるママもいるようです。また、お腹が大きくなることで、家事が大変になったり、熟睡ができなくなったというケースも。妊娠後期での悩みや症状も人それぞれのようです。

 

出産への不安や母体や赤ちゃんのトラブルも、やはり医師や助産師さんに相談しましょう。些細なことでも不安に思っているより、話したほうが安心できますよ。陣痛や出産への不安は、ほかの人の経験談を調べれば調べるほど不安も強くなってしまうので、情報を遮断することも時には大切です。

 

妊娠中は初期~後期まで、いろいろな悩みを抱えている方が多いことがわかりますね。慣れない生活で不安を感じるのは当然です。でも、悩みや不安、痛みを乗り越えると、ようやく愛しのわが子に会えるのです!そんなハッピーなシーンを思い描きながら、少しでも悩み・不安のない妊婦生活を過ごしましょう。

 

(TEXT:津田 玲)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。